蘇我氏の古代

蘇我氏の古代
分享
扫描下方二维码分享到微信
打开微信,点击右上角”+“,
使用”扫一扫“即可将网页分享到朋友圈。
作者:
出版社: 岩波書店
2015-12
ISBN: 9784004315766
装帧: 其他
页数: 256页
丛书: 岩波新書
  • 大化改新前夜、クーデターによる暗殺をきっかけに「滅亡」したとされる蘇我氏。仏教導入をすすめ、推古天皇の信頼も厚く、「大臣」として政権を支えた蘇我馬子を筆頭に、ヤマト王権の紛れもない中心であった一族は、なぜ歴史から姿を消したのか? その後の藤原氏の台頭までを視野に、氏族からみた列島社会の変化を描く。 吉村 武彦(よしむら たけひこ、1945年 - )は、日本の歴史学者。明治大学文学部史学地理学科教授。専門は日本古代史。
    経歴:
    1945年 朝鮮・大邱に生まれる
    1968年 東京大学文学部国史学科卒業
    1973年 同大学院人文科学研究科博士課程中退
    1973年 東京大学文学部助手
    1975年 千葉大学教養部講師
    1977年 千葉大学助教授
    1989年 千葉大学教授
    1990年 明治大学文学部教授
    1997年 「日本古代の社会と国家」で東京大学文学博士
    1998年 第4回茗水クラブ学術奨励賞を受賞。
    著書:
    『日本の歴史③ 古代王権の展開』 (集英社、1991年)
    『日本古代の社会と国家』 (岩波書店、1996年)
    『古代天皇の誕生』 (角川選書、1998年)
    『日本社会の誕生―日本の歴史〈1〉』(岩波ジュニア新書、1999年)
    『聖徳太子』(岩波新書、2002年)
    『古代史の新展開』(新人物往来社、2005年)
    『ヤマト王権―シリーズ日本古代史〈2〉』(岩波新書、2010年)
    『女帝の古代日本』(岩波新書、2012年)
    共編著:
    『古代を考える 継体・欽明朝と仏教伝来』 (吉川弘文館、1999年)
    (安田常雄)『日本史研究最前線 現在、日本史の中になにがみえてきたか』 (新人物往来社、2000年)
    (大塚初重)『古墳時代の日本列島』 (大月書店、2003年)
    『律令制国家と古代社会』(塙書房、2005年)
    『古代史の基礎知識』(角川選書、2005年)
    都城 古代日本のシンボリズム 飛鳥から平安京へ 山路直充共編 青木書店 2007.3 1 氏の誕生―氏の名を名のる(王の名をめぐって―中国の史書から
    「倭の五王」の姓と名
    大伴氏と物部氏―「職能」を名のる氏)
    2 蘇我氏の登場(葛城氏と蘇我氏
    蘇我氏の系譜をたどる
    列島の開発と蘇我稲目
    仏教の導入と馬子)
    3 発展と権勢の時代(推古女帝の即位
    推古朝における馬子の活躍
    飛鳥の地と蝦夷・入鹿
    蘇我氏と「天皇」)
    4 大化改新―蘇我氏本宗の滅亡(東アジアの情勢からみた「乙巳の変」
    大化の改革と蘇我倉山田石川麻呂
    生き延びる蘇我氏傍系―七世紀後半の蘇我氏
    石川氏の活躍)
    5 蘇我氏から藤原氏へ(藤原氏の誕生と不比等―名負いの氏からの離脱
    律令法と氏・氏族
    奈良時代と藤原氏)
  • 内容简介:
    大化改新前夜、クーデターによる暗殺をきっかけに「滅亡」したとされる蘇我氏。仏教導入をすすめ、推古天皇の信頼も厚く、「大臣」として政権を支えた蘇我馬子を筆頭に、ヤマト王権の紛れもない中心であった一族は、なぜ歴史から姿を消したのか? その後の藤原氏の台頭までを視野に、氏族からみた列島社会の変化を描く。
  • 作者简介:
    吉村 武彦(よしむら たけひこ、1945年 - )は、日本の歴史学者。明治大学文学部史学地理学科教授。専門は日本古代史。
    経歴:
    1945年 朝鮮・大邱に生まれる
    1968年 東京大学文学部国史学科卒業
    1973年 同大学院人文科学研究科博士課程中退
    1973年 東京大学文学部助手
    1975年 千葉大学教養部講師
    1977年 千葉大学助教授
    1989年 千葉大学教授
    1990年 明治大学文学部教授
    1997年 「日本古代の社会と国家」で東京大学文学博士
    1998年 第4回茗水クラブ学術奨励賞を受賞。
    著書:
    『日本の歴史③ 古代王権の展開』 (集英社、1991年)
    『日本古代の社会と国家』 (岩波書店、1996年)
    『古代天皇の誕生』 (角川選書、1998年)
    『日本社会の誕生―日本の歴史〈1〉』(岩波ジュニア新書、1999年)
    『聖徳太子』(岩波新書、2002年)
    『古代史の新展開』(新人物往来社、2005年)
    『ヤマト王権―シリーズ日本古代史〈2〉』(岩波新書、2010年)
    『女帝の古代日本』(岩波新書、2012年)
    共編著:
    『古代を考える 継体・欽明朝と仏教伝来』 (吉川弘文館、1999年)
    (安田常雄)『日本史研究最前線 現在、日本史の中になにがみえてきたか』 (新人物往来社、2000年)
    (大塚初重)『古墳時代の日本列島』 (大月書店、2003年)
    『律令制国家と古代社会』(塙書房、2005年)
    『古代史の基礎知識』(角川選書、2005年)
    都城 古代日本のシンボリズム 飛鳥から平安京へ 山路直充共編 青木書店 2007.3
  • 目录:
    1 氏の誕生―氏の名を名のる(王の名をめぐって―中国の史書から
    「倭の五王」の姓と名
    大伴氏と物部氏―「職能」を名のる氏)
    2 蘇我氏の登場(葛城氏と蘇我氏
    蘇我氏の系譜をたどる
    列島の開発と蘇我稲目
    仏教の導入と馬子)
    3 発展と権勢の時代(推古女帝の即位
    推古朝における馬子の活躍
    飛鳥の地と蝦夷・入鹿
    蘇我氏と「天皇」)
    4 大化改新―蘇我氏本宗の滅亡(東アジアの情勢からみた「乙巳の変」
    大化の改革と蘇我倉山田石川麻呂
    生き延びる蘇我氏傍系―七世紀後半の蘇我氏
    石川氏の活躍)
    5 蘇我氏から藤原氏へ(藤原氏の誕生と不比等―名負いの氏からの離脱
    律令法と氏・氏族
    奈良時代と藤原氏)
查看详情
目前没有书店销售此书,我们为您搜索到一些相关商品
目前没有书店销售此书
好书推荐 / 更多
蘇我氏の古代
洛城花落(周大新新作)
周大新
蘇我氏の古代
名望与光荣(全三册)(波兰现代史诗、战后小说创作高成就作品)
[波兰]雅·伊瓦什凯维奇;易丽君 裴远颖
蘇我氏の古代
金色俄罗斯丛书(27):堕落者的天堂波利亚科夫小说选
[俄]波利亚科夫 著
蘇我氏の古代
果麦经典:黑塞童话
文泽尔 译者;果麦文化 出品;[德]赫尔曼·黑塞
蘇我氏の古代
童年往事
[爱尔兰]罗迪·道伊尔 著;郭国良 彭真丹 译
蘇我氏の古代
来日非善:艺术、批评、紧急事件
李翔宇 译者;作者:哈尔·福斯特
蘇我氏の古代
汉代物质文化资料图说(修定本·精装)
孙机 著
蘇我氏の古代
柏林法则:欧洲与德国之道
保罗·莱弗(英)
蘇我氏の古代
俄罗斯千年文化:从古罗斯至今
[俄]德米特里·利哈乔夫 著;焦东建、董茉莉 译
蘇我氏の古代
理想国译丛046:风雨横渡:英国、奴隶和美国革命
[英]西蒙·沙玛
蘇我氏の古代
美国不平等的起源
[美]伊莎贝尔·威尔克森 著;姚向辉 顾冰珂 译
蘇我氏の古代
甲骨文丛书·亚当夏娃浮沉录
[美]斯蒂芬·格林布拉特((Stephen Greenblatt)) 作者;罗颖男 译